通話専用の2台目スマホとしてY!mobileを選ぶ理由

スマホの料金プランが次々と新しいものが出てきていますが、結局は月々の支払いが1万円近くなってしまう方が多いのではないだろうか?僕の場合データ通信はガッツリ使いたいし、通話もそこそこしたい。そこでスマホを2台持つことにより、どちらの要望も叶えながら料金を抑えることができました。通話専用の2台目として選んだのがY!mobileだったのでその理由を書こうと思う。

料金プランが通話に特化している

Y!mobile(ワイモバイル)

他社ケータイ、固定電話でも10分以内の通話が月300回まで無料というのが他にはない通話に特化している点だと思う。通話の回数は多いけれど10分以上の通話って意外と少ないものでこの点においては使っていて超えることは3ヶ月使って数回であった。しかも300回というのは一般の方は到底超えることのない回数かと思う。

この条件が最低ランクのSプランも含め全てのプラン共通で適用されていてSプランの場合、月々2980円。通話の回数が多くても変わらずこの料金なのはありがたい。僕の場合は通話専用機として目的なのでもちろんスマホSプランを選択している。

使い方によるが50分以上通話するならガラケーをも超える

ならそもそも基本料金の安いガラケーを使えば良いだろうと考える方も多いと思う。だがY!mobileのガラケープランも含め、ガラケーのプランはどこも基本料金は安いが30秒20円と言うスタイルをとっている。なのでトータルで数時間通話するのであればスマホSプランのが安くなる。だが、もちろん使用環境次第ではある。

ケータイ各社、自社同士の通話は時間帯によっては無料などのサービスを用意しているので、他社ケータイや固定電話にたくさん電話してなおかつ1回の通話が10分以内という条件がクリアできる方の場合になる。

仮にY!mobileが3000円で他社ガラケーが1000円だとすると差額は2000円。30秒20円換算すると50分以上通話しただけで2000円は超える計算となる計算だ。

いざという時の予備回線

スマホを持つというメリットとしてもう一つ、いざという時の予備回線になるということ。メイン回線の電波状況が悪かったり、使用可能容量を超えてしまった場合、2台目スマホの回線を一時的に使うことができる。もちろんガラケーにはこれができないのでスマホならではのメリットと言える。

光おトク割、家族割を使うとさらに安くなる

私の家ではSoftbank光を使用しており、Y!mobileは親会社がSoftbankのためSoftbank光を使用していると家族4人まで割引の対象となる。家族割りとは併用ができないが、1人あたり500円ほど月々の料金が割引される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です